第一滝本館の湯について

大浴場のご紹介
ホーム > 大浴場のご紹介 > 第一滝本館の湯について

すべての始まりは、滝本金蔵が妻のためにつくった湯宿「愛妻の湯」

愛妻の湯に始まった滝本の湯。地獄谷の麓、湧き出る源泉をそのまま楽しむ。

1858年、登別に沸く温泉の噂を耳にした滝本金蔵は、皮膚病に苦しむ妻を連れ山奥を分け入った。
辿り着いた温泉に浸かった妻の皮膚病は見る見るうちに快癒。その効果に驚き、この効能が広く利用されるようにと、湯宿を設けました。それが「愛妻の湯」滝本の始まりです。>> 滝本の歴史を見る

多彩な湯舟を楽しんで効果を実感。

※クリックで拡大

  • 癒しの湯
    【癒しの湯】
    刺激の少ない、柔らかなお湯で、入浴後は肌が滑らかになります。
  • 金蔵の湯
    【金蔵の湯】
    露天の湯の一角に、初代滝本金蔵が浸かった湯舟を再現。
  • 熱の湯
    【熱の湯】
    保温効果が高く、冷え性などにも効果的です。
  • 女性露天風呂
    【女性露天風呂】
    刺激が穏やかなので、病後の機能回復に適しています。
  • 女性庭園風呂
    【女性庭園風呂】
    温泉情緒を感じさせる独自の匂いは、硫化水素によるものです。
  • 男性露天風呂
    【男性露天風呂】
    汚れた皮脂がとれ、お肌がツルツルになります。
  • 傷の湯
    【傷の湯】
    古くから傷の湯、中風の湯としてよく要されています。
  • 美肌の湯
    【美肌の湯】
    泉情緒を感じさせる独自の匂いは、硫化水素によるものです。
  • 美人の湯
    【美人の湯】
    汚れた皮脂がとれ、お肌がツルツルになります。
  • 鬼の湯(ひのき風呂)
    【鬼の湯(ひのき風呂)】
    肌当たりがやさしく、薫り豊か。五感で湯を楽しんでください。
  • 万病の湯
    【万病の湯】
    登別の湯を代表する泉質の一つです。
  • かけ湯
    【かけ湯】
    入浴前のならし湯。腕や足、肩などを温めてください。
  • 滝の湯
    【滝の湯】
    落下するお湯が心地よい。筋肉をほぐし、血行を促進。
  • 気泡風呂
    【気泡風呂】
    気泡が皮膚を刺激し血行を促進。超音波のマッサージ効果も。
  • 寝湯
    【寝湯】
    体温に近い湯。仰向けでじっくりつかって夢心地気分に。
  • サウナ風呂
    【サウナ風呂】
    室温90℃、湿度20%。乾燥熱気で新陳代謝を活発に。
  • 蒸気風呂
    【蒸気風呂】
    体温に近い湯。仰向けでじっくりつかって夢心地気分に。
  • 歩行浴
    【歩行浴】
    温水と冷水を交互に歩行。血液の循環を良くします。

滝本ならではの多彩な泉質と圧倒的な湯量。「生きたお湯」がここにあります。

ナトリウム・カルシウム
塩化物泉
(中性低張性高温泉)
旧泉質名/食塩泉
【適応症】
慢性消化器病、慢性皮膚病、慢性婦人病、疲労回復、健康増進、冷え性、切り傷、火傷など。
【この泉質の湯舟】
ナトリウム・カルシウム
塩化物泉
(中性低張性高温泉)
旧泉質名/食塩泉
【適応症】
リウマチ性疾患、運動機能障害、発育不全、更年期障害など。
【この泉質の湯舟】
酸性含硫黄・鉄(Ⅱ)
硫酸塩泉
旧泉質名/酸性緑ばん泉
【適応症】
皮膚病、リウマチ性疾患、更年期障害など。
【この泉質の湯舟】
ナトリウム・カルシウム
塩化物泉
(弱アルカリ性低張性高温泉)
旧泉質名/食塩泉
【適応症】
リウマチ性疾患、神経痛、冷え性など。
【この泉質の湯舟】
酸性含硫黄(ナトリウム)
塩化物・硫酸塩泉
旧泉質名/芒硝泉
【適応症】
高血圧症、動脈硬化症、外傷、慢性皮膚病など。
【この泉質の湯舟】
ナトリウム・カルシウム
マグネシウム
塩化物・炭酸水素塩泉
旧泉質名/重曹泉
【適応症】
切り傷、火傷、慢性皮膚病、神経痛、貧血症、アトピー、じんましんなど
【この泉質の湯舟】
酸性含硫黄(ナトリウム)
硫酸塩泉
旧泉質名/酸性硫化水素泉
【適応症】
動脈硬化症、高血圧症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷など
【この泉質の湯舟】

第一滝本館、自慢の湯を知る。

  • 登別温泉と第一滝本館の歴史
  • 湯守の存在
  • お風呂の楽しみ方