アトラクションのご紹介

施設のご案内
ホーム > 施設のご案内 > アトラクションのご紹介

北海いでゆ太鼓ショー

その迫力は感動に。歴史ある北海太鼓を受け継ぐ和太鼓の真髄。

登別市の民俗文化財に指定され、35年の間親しまれてきた「北海太鼓」。北海太鼓が解散した後、平成10年に第一滝本館にて「北海いでゆ太鼓」が結成されました。
打ち手の鬼気迫るばちさばきと、登別温泉をはじめとする北海道の自然をテーマとしたオリジナル曲が聞き手を魅了します。

【主な活動内容】

第一滝本館を主な活動拠点とし、全国各地から訪れる多くのお客様に感動を与えています。
毎年8月に行われる「登別地獄祭り」でのステージや道内・道外で登別の代表としてのステージをこなすなど、さまざまな活動をしています。

代表曲

鬼太鼓
大切な温泉の源泉元である地獄谷では、年に一度釜のフタが開き、鬼や閻魔大王が現れるという言い伝えがあります。その閻魔大王の使いである鬼たちが暴れ、練り歩く様を力強く打ち込みます。
春夏秋冬揃い打ち
北海道の大自然と移り行く四季をテーマに、待ち焦がれていた春ののどかな風景、夏の盆踊り、実りの秋、そして雄大な大自然の冬の厳しさを、和太鼓のリズムで表現した曲です。
料金 所要時間 出演者数
40,000円(税別) 約10分~15分 3名~5名

熊舞ショー

北海道開拓の歴史と登別温泉の歴史をテーマに、地元の若者が創作した郷土芸能です。
今から数百年も昔、この登別の沼には熊や鹿などの動物達が温泉で傷を癒していました。そんなまだケモノ道しかない頃、登別温泉に初めて人間が足を踏み入れたとき、山中で熊と出会い、その熊の案内で地獄谷へたどり着くことができたという古い伝えがあります。
熊舞は、そんな当時の狩人と熊の出会いを表現したもので、大自然の中で熊と人間は敵味方ではなく、心が通じ合う友人であったという光景を、笛と太鼓のお囃子にあわせてユーモラスに表現した、楽しい郷土芸能です。

料金 所要時間 出演者数
50,000円(税別) 約15分~20分 7名(太鼓1名、笛1名、熊2頭4名、狩人1名)

【企画/作成】登別観光協会| 【構成/振付】花柳衛信| 【運営】熊舞保存会

各種アトラクション料金

貸切スペース
民謡ショー(約40分・5名) 50,000円(税別)
芝オケ(約90分・カラオケ含む) 60,000円(税別)
CDカラオケ(宴会貸出) 15,000円(税別)
コンパニオン(1名・120分) 12,000円(税別)
コンパニオン/和装(1名・120分) 13,000円(税別)
コンパニオン延長料金(1名・30分毎につき) 3,000円(税別)
ビンゴゲーム(手動)(宴会貸出) 1,500円(税別)
ビンゴゲーム(電動)(宴会貸出) 3,000円(税別)
お部屋で遊ぶ
マージャン 2,800(税別)
囲碁 1,000円(税別)
将棋 1,000円(税別)

滝本名物大金棒

高さ9m、重さ10トンの巨大からくりモニュメント

本館吹き抜けに位置する高さ9m、重さ10トン、金箔仕上げの巨大モニュメント「大金棒」は、定時になるとカラクリが開く仕組みになっており、桃太郎や鬼たちの楽しい演奏がお楽しみいただけます。

大金棒演奏時間
7:00 8:00 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00
15:00 20:00 20:30 21:00 21:30 22:00 22:30 23:00